海外での旅行時に意識したいマナー

海外のレストランでの日本とは違うマナー

海外には日本とは異なる文化があり、旅行中には渡航先に合ったマナーを守らなければなりません。渡航先で利用するレストランでも、マナーの違いに戸惑う事は多いです。例えば海外のレストランでは、予約制を採用している場合が多いです。そのため、突然レストランを訪問しても席が確保できないため注意が必要です。また日本では客が自由に席を選ぶ場合が多いものの、海外では店員が席を案内するスタイルが多いです。そのため、店員から座る席の案内を受けるまで、待つ必要があります。その他に日本人が気になるのは、チップの習慣の存在です。レストランでサービスを受けた際にチップを渡す必要があるため、慌てないように事前の小銭の用意が欠かせません。

カメラ撮影時に心がけたい海外でのマナー

海外旅行では、現地の光景を思い出に残すため、カメラで撮影する事がよくあります。しかし、カメラ撮影時のマナーを守る意識が旅行中には必要です。カメラ撮影が思わぬトラブルを呼び込むこともあります。旅行中には、人をむやみに撮影しない心配りが大切です。もし写真に記録したい人がいるなら、一言声を掛けた方が無難です。特に海外では現地の子供を撮影する際に、その親や周囲の大人とトラブルになる場合が多いために注意が必要です。また国によっては、重要施設の撮影が禁止されている事を知っておかなければなりません。撮影した施設によっては身柄が拘束されるケースもあり、撮影時には被写体の範囲に写る建物には気を配った方が無難です。

世界旅行博