空の旅には保安検査がつきものです

航空機に持ち込める液体は限られています

航空機内では保安上の理由から液体の持ち込みが制限されています。医師の診断書または処方箋がある場合でも、機内持ち込み可能な量は機内にて使用する分に限られます。医薬品の持ち込みに際しては、保安検査が実施されるので審査を速やかに済ませるためにも証明書類の準備は必要です。医薬品かどうかの判断が難しい液体については、事前に空港のホームページにて確認すると分かりやすいです。コンタクトレンズの保存液は、成田空港では医薬品扱いされます。しかし、海外の空港ではコンタクトレンズの普及率も日本国内とは大きく異なるために持ち込みが制限される可能性があります。トランクに入れておき、機内では眼鏡着用にするなど臨機応変な対応が無難です。

処方箋薬以外の取り扱いは液体を避けると無難です

処方箋薬意外にも市販の薬を持って行きたいという希望を持つ人がいます。漢方薬については国内の空港では液体について量の制限を受けます。100ml以下の容器に入れ、透明なジッパー付きの1リットル以下の袋に入れて保安検査員に渡すことで持ち込めます。粉末や固形の漢方薬は制限を受けません。旅行先に持ってゆきたい常備薬は、錠剤のタイプを中心に選ぶと無難です。中の説明書を一緒に持ってゆくと万が一の保安検査にも通過しやすくなります。旅行目的により様々な物を持って行きたくなりますが、燃料やボンベなど医療用目的の物以外はトランクへ入れたとしても航空機による運搬は出来ません。旅行先に持って行く荷物については、現地または経由する空港の保安基準を満たすよう事前の下調べが重要です。

タビマスターズ