海外での旅行時に意識したいマナー

海外のレストランでの日本とは違うマナー

海外には日本とは異なる文化があり、旅行中には渡航先に合ったマナーを守らなければなりません。渡航先で利用するレストランでも、マナーの違いに戸惑う事は多いです。例えば海外のレストランでは、予約制を採用している場合が多いです。そのため、突然レストランを訪問しても席が確保できないため注意が必要です。また日本では客が自由に席を選ぶ場合が多いものの、海外では店員が席を案内するスタイルが多いです。そのため、店員から座る席の案内を受けるまで、待つ必要があります。その他に日本人が気になるのは、チップの習慣の存在です。レストランでサービスを受けた際にチップを渡す必要があるため、慌てないように事前の小銭の用意が欠かせません。

カメラ撮影時に心がけたい海外でのマナー

海外旅行では、現地の光景を思い出に残すため、カメラで撮影する事がよくあります。しかし、カメラ撮影時のマナーを守る意識が旅行中には必要です。カメラ撮影が思わぬトラブルを呼び込むこともあります。旅行中には、人をむやみに撮影しない心配りが大切です。もし写真に記録したい人がいるなら、一言声を掛けた方が無難です。特に海外では現地の子供を撮影する際に、その親や周囲の大人とトラブルになる場合が多いために注意が必要です。また国によっては、重要施設の撮影が禁止されている事を知っておかなければなりません。撮影した施設によっては身柄が拘束されるケースもあり、撮影時には被写体の範囲に写る建物には気を配った方が無難です。

世界旅行博

旅行も3世代の時代に

3世代旅行はそれぞれにメリットが

孫と会いたいと願っても、なかなかそんな機会に恵まれないという祖父母も多いものです。近居や同居という世帯も増えてきたものの、離れて暮らしていることが多く、どうしても孫に会えるのはお盆やお正月がメインとなってしまいます。そんな時に活用できるのが三世代旅行です。祖父母とその子供、そして孫がそろって行く旅行になります。団塊の世代は特にいろいろな旅行経験もあるので、祖父母となってから孫とその経験を共有したいという人も多いのです。この旅行のいいところは、メリットが祖父母だけにもたらされるものではないということです。日ごろの子育てが大変な親世代からしてみても息抜きになる一方で、自分の親に対しても親孝行ができる点にあります。また、経済的な理由から親が旅行に連れて行けない場合でも、祖父母からの贈与とまではいかないですが、旅行費用を負担することで孫に新たな体験を与えられるメリットもあります。

3世代旅行の心得とは

3世代旅行は祖父母あるいは親世代が旅行をプランニングすることがほとんどですが、勝手にプランを決めずに複数の選択肢を用意して要所で確認することが大事です。また、日中に一緒に過ごすことで夜はどっと疲れが出ることもありますし、血縁関係があるといえどもプライベートな時間も大事ですから、客室は二間あるところを選ぶか、最初から部屋は別々にしておくなどの配慮も大事になります。ただし、気を遣ったはずなのに、それがトラブルとなることもあるので、両方が常に一緒に過ごしたいといことであれば仕切りのない同じ部屋で過ごすことも検討が必要です。そして、孫が主役になりやすい三世代旅行ですが、子供の体力と祖父母の体力にはかなりの差がありますので、スケジュールは少し余裕をもたせて組んでおくことが大事です。旅行中も、一緒に行動するシーンもあれば別行動となるシーンをつくるなどバラエティに富んだものにしておきます。

旅行ガイドブック

旅行の醍醐味とは何か

旅行で四季を感じること

段々と夏の気配が近づき、暑さも増してきた今日この頃。どう過ごしているでしょうか。子どもたちは夏休みに想いを馳せながら勉学に勤しんでいるでしょうか。さて、そんな夏休みと言えばやはり旅行ですね。夏の旅行といえば海や山、川などの自然豊かなレジャースポットが定番です。暑い夏を少しでも快適に過ごすため、避暑地に足を運んだり水遊びをしたり、色々と工夫を凝らすのです。また、田舎に帰省してみんなでスイカを食べるのも良い思い出になるでしょう。夏以外にももちろん旅行を楽しむことはできます。過ごしやすい春、定番の夏、味覚の秋、温もりの冬。どの季節であってもその季節の良さがあり、楽しみ方があります。四季を感じる旅は思い出に残ること間違いなしですね。

どこへ行くかよりも誰と行くか

旅行の計画を立てるのはとても楽しい時間の一つです。どこへ行こうか、何をしようか、どんなものを食べようかなどなど考え出したらきりがありません。日本にするか海外にするか、予算はいくらかなどを一緒に行くメンバーで話し合ったり想像したりする時間はとても楽しく、旅行そのものより楽しかったりもします。そして、旅行から帰ってきて話す思い出話もまた楽しく、絆を深めてくれるでしょう。旅行の思い出がキラキラしているのは、一緒に出かけた人との思い出だからです。嫌いな人と無理して出かけても素敵な思い出にはなりません。旅行はどこに行くかではなく、誰と行くかです。ぜひ、大好きな友達や恋人、家族と楽しい時間を過ごしてくださいね。

キャンピングカー

世界遺産姫路城観光めぐりのポイント

別名白鷺城!白い漆喰が美しい姫路城

姫路城は日本を代表するお城の一つです。もともと国宝に指定されていましたが、近年世界遺産にも指定されたことから、観光地としての人気もさらに高まりました。その特徴は別名「白鷺城」という名称からもわかるように鮮やかな白で塗られた漆喰の外壁です。定期的な改修工事によって建造当時の美しさを保った姫路城は遠めに見ても大変美しいと評判です。17世紀の建造当事の状態が保存された内部も見所が満載ですが、少し離れた場所から天守閣を眺めることにより日本の城郭建築の美しさを楽しむことができます。電車で行く場合、姫路城へは山陽新幹線・JR山陽本線が停車するJR姫路駅か、山陽電鉄線の山陽姫路駅を利用します。JR姫路駅前には、専用のテラスが設置されていて、大通りを通して天守閣を一望することもできます。

天守閣以外の姫路城の見所

姫路城では大天守のほかにも様々な見所があります。まず、お城ですので、戦いになったときに敵に容易に侵略されないような様々な工夫が施されています。城を取り囲む石垣は扇状になった勾配が付けられています。また、入り組んだ道には、菱の門、いの門、るの門などの侵入防止のための多くの門が設置されています。さらに、西の丸には、姫路城ゆかりの人物として有名な千姫の居住スペースが残されています。長局という名の長い建物のなかには、廊下に沿って櫓が並んでいます。そこでは侍女が暮らしたということで、その暮らしぶりなどが紹介されています。終点の化粧櫓には当事の千姫の衣装などを再現した部屋が準備されていて、そこも姫路城の見所のひとつとなっています。

タビマスターズ

沖縄旅行では観光バスを利用しましょう。

沖縄旅行では観光バスや観光タクシーを利用しましょう。

沖縄を旅するのであれば観光バスや観光タクシーを利用してください。このような交通手段を使うとガイドが付いているので慣れない土地でも安心して旅行を満喫することができます。また観光バスの場合は大勢で楽しく観光地を散策することができます。なので沖縄の素晴らしさを感じ取ることもできます。家族や友人だけで旅行をするのであれば観光タクシーがおすすめです。観光タクシーは自由度が高いので自分たちのペースで旅行が楽しめます。ガイドさんも丁寧に案内してくれるので色々な観光スポットに足を運ぶことができます。観光バスの場合は定番スポットに行きます。バスに乗ると施設の入場料も安くなります。したがって快適に沖縄旅行が楽しめます。

沖縄旅行はゴールデンウィークがおすすめです。

ゴールデンウィークは沖縄旅行がおすすめです。場合によっては海水浴が楽しめるかもしれません。また観光施設を巡るにはちょうどいい気候なのでテンションが上がります。またゴールデンウィーク中は県内各地で様々なイベントが行われています。観光客も気軽に参加することができるので満足度が高まります。沖縄はゴールデンウィークが終わると梅雨入りをするのでできるだけこのようなシーズンに旅行をするようにしましょう。5月の平均気温は24℃です。晴れていれば短パンでも外出ができます。なのでカジュアルな服装で沖縄旅行を満喫することができます。しかし蒸し暑いので風通しのよいゆったりとした服装で移動するようにしてください。そうすれば快適に旅行が楽しめます。

ホームエクスチェンジ

これは便利!日用品の持って行き方

実は不衛生かも?そのボトル

旅行に行く際、女性の一番のお悩みはお化粧品の液体の類をどのように持って行くか、ではないでしょうか。普段使っているお化粧水や乳液の瓶をそのまま持って行くにはかさばりすぎるし、トラベルセットを買ってもいいけど、1泊2泊くらいの短い旅行だと買った後またいつ使うのか不安だし…。ドラッグストアなどに売っている小分け用の容器を使うという方も多いかもしれませんが、実はこちらはしっかり洗浄してから使わないと肌トラブルのもとになってしまうんです。しっかり熱湯消毒した後、乾燥させるという手間がかかります。また一度入れてしまったらずっと同じものを入れ続けなければなりませんし、やはり短期間で捨てることが多くなってしまいます。お肌に直接触れるものだからこそ、しっかり清潔なものを使いたいですよね。

これは便利!小分け持ち運び術

そこでご紹介したいのが、サランラップを活用する方法。まずお化粧水は使う枚数分のコットンにひたひたにして、1枚づつラップにくるみます。(朝夜の使用で2泊であれば、2枚×2泊=4枚)そしてジップ付きの袋にいれるだけ。次に乳液や美容クリームなどのもってりとした液体は、正方形にしたラップの中央に直接出します。できれば1泊分ずつの量を一枚のラップに出すとよいでしょう。そして正方形のラップの四方を寄せ集め、巾着のように先をねじり、その部分をモールやビニタイ、ゴムで留めれば完成です。使うときにはほどいて使う量だけ手に取ればOK。使用後はごみを捨ててくるだけで、荷物も軽減になります。清潔に持ち運べて便利でしょ?ぜひ試してみてください。

タビマスターズ

家族で旅行を楽しむ!子供連れが楽しめるスポット

日本最大の遊園地で遊ぼう!

家族旅行で場所を決めるときに悩んでしまうのが、子供が遊べる施設があるのかという部分ではないでしょうか。その問題を解決してくれる施設が三重県の桑名市にあります。それがナガシマスパーランドです。ナガシマスパーランドは国内最大の遊園地と言われており、約50種類以上のアトラクションが揃えられています。また小さなお子様が楽しめるアトラクションが28種類揃えられている、ナガシマこども遊園地キッズタウンという場所も用意されています。夏には日本最大級の75000平方メートルという大きさのジャンボ海水プールもオープンされますので、親も子供も楽しめる施設となっています。授乳室や多目的トイレも充実しているので、子供連れに嬉しい施設でしょう。

レーシングコースで子供を喜ばせよう!

車が好きな子供がいる場合には鈴鹿サーキットがオススメです。日本で行われているF1の国際レーシングコースをゴーカートで楽しむことができるというポイントが、この施設の大きな部分を占めています。子供用のバイクや車が用意されているので、子供に運転を楽しんでもらうには最適の施設です。またアトラクションのほとんどは家族で協力して楽しめる仕様になっているので、家族の絆を深めるのにも良い場所と言えるでしょう。周辺には遊園地やホテル、レストランなどが揃えられているので、旅行で訪れた方に1日中楽しんでもらえるような工夫も行われているのです。また夏にはプールが開放されるので、レースで汗をかいた後にプールで遊ぶのも良いのではないでしょうか。

旅行写真

空の旅には保安検査がつきものです

航空機に持ち込める液体は限られています

航空機内では保安上の理由から液体の持ち込みが制限されています。医師の診断書または処方箋がある場合でも、機内持ち込み可能な量は機内にて使用する分に限られます。医薬品の持ち込みに際しては、保安検査が実施されるので審査を速やかに済ませるためにも証明書類の準備は必要です。医薬品かどうかの判断が難しい液体については、事前に空港のホームページにて確認すると分かりやすいです。コンタクトレンズの保存液は、成田空港では医薬品扱いされます。しかし、海外の空港ではコンタクトレンズの普及率も日本国内とは大きく異なるために持ち込みが制限される可能性があります。トランクに入れておき、機内では眼鏡着用にするなど臨機応変な対応が無難です。

処方箋薬以外の取り扱いは液体を避けると無難です

処方箋薬意外にも市販の薬を持って行きたいという希望を持つ人がいます。漢方薬については国内の空港では液体について量の制限を受けます。100ml以下の容器に入れ、透明なジッパー付きの1リットル以下の袋に入れて保安検査員に渡すことで持ち込めます。粉末や固形の漢方薬は制限を受けません。旅行先に持ってゆきたい常備薬は、錠剤のタイプを中心に選ぶと無難です。中の説明書を一緒に持ってゆくと万が一の保安検査にも通過しやすくなります。旅行目的により様々な物を持って行きたくなりますが、燃料やボンベなど医療用目的の物以外はトランクへ入れたとしても航空機による運搬は出来ません。旅行先に持って行く荷物については、現地または経由する空港の保安基準を満たすよう事前の下調べが重要です。

タビマスターズ

長時間のフライトを快適に!機内に持ち込んで正解だったグッズ

夏場だからこそ必須!防寒アイテム

アメリカやヨーロッパなど、何十時間にもわたる長時間のフライトでは、防寒着は必須。特に夏場は、サンダルや薄着で旅行に出かける場合が多いです。しかし、機内は冷房が効いているため、長時間寒さを我慢すれば風邪をひいてしまうことに。旅行先で十分に楽しむためにも、体温調節のしやすい恰好がおすすめ。パーカやカーディガンなどの上着、ストールなどが1枚あれば、冷房で寒い場合羽織ることができ便利です。また、重要なのは足元!靴下を1足機内に持ち込んでおくだけで、足元の冷えから身体を守ることができます。機内でブランケットも貸し出してくれますが、ブランケットだけだと寒い場合があるので、防寒着を機内に持ち込むことがおすすめです。

乾燥する機内でも快適に!

機内は思っているより乾燥が激しいです。短時間のフライトなら特に問題ありませんが、長時間のフライトだと乾燥がつらく感じてしまうこともあります。乾燥対策グッズも機内に持ち込むことがおすすめ!長時間のフライトでは眠っている時間も多いです。就寝時の喉を守るため、マスクやのど飴があれば安心。風邪予防にもなります。喉がいがいがする不快感の解消につながります。また、乾燥するのは喉だけではありません。映画や本をみていると、いつもより目も乾燥してしまいます。目薬も忘れずに。コンタクトの方はメガネにする方が楽に過ごすことができます。ミストタイプの化粧水を持ち込んでも快適に過ごせます。機内に持ち込むときには容量が決められているので、100円ショップで売られている小さいミスト容器に入れ替えておくと安心です。

観光

名古屋に旅行に行ってみましょう

名古屋の魅力とはどんなものでしょう

名古屋市は愛知県の県庁所在地であり、日本の政令指定都市として大きく発達している都市です。東日本と西日本の真ん中に位置していて、日本の東と西を繋ぐ役割も果たしています。名古屋はにはたくさんの見どころがあります。金のしゃちほこで有名な名古屋城、日本一のプラネタリウムがある名古屋市科学館、古代からの歴史がある熱田神宮、名古屋港水族館、東山動植物園、名古屋市美術館など、たくさんの施設が整っています。名古屋市は道路整備がしっかりとしていて、それらの場所へ行くにも大きな幹線道路で行くことができ、初めての人でも運転しやすく、大変アクセスが便利です。また、地下鉄やバスなどの公共交通機関もしっかりしていて、それらでも迷わず楽々で行くことができるでしょう。

名古屋に行ったら是非食べましょう

旅行の醍醐味の一つには旅行先の特産や美味しいものを食べることが挙げられる、という人も多いのではないでしょうか。名古屋の食と言えば「名古屋めし」と呼ばれるものがあります。名古屋めしにはひつまぶし、味噌カツ、味噌煮込みうどん、手羽先、きしめん、あんかけスパなどがあげられます。どれもこの地方特有の赤味噌を使っていたり、少し濃い味付けになっていたりするものが多いです。また、名古屋めしには昔から知られているものだけでなく、今現在作り出してされている「新名古屋めし」と言うものもあります。毎年新しい名古屋市めしが選ばれ、今もまだ進化を続けている食文化です。さらにはこの地方特有のコーヒー一杯でゆで卵やサラダなどを始め、おにぎりや味噌汁やおかずなどのしっかりとした朝ごはんがついてくる「モーニング」文化もよく知られています。

旅行