旅行も3世代の時代に

3世代旅行はそれぞれにメリットが

孫と会いたいと願っても、なかなかそんな機会に恵まれないという祖父母も多いものです。近居や同居という世帯も増えてきたものの、離れて暮らしていることが多く、どうしても孫に会えるのはお盆やお正月がメインとなってしまいます。そんな時に活用できるのが三世代旅行です。祖父母とその子供、そして孫がそろって行く旅行になります。団塊の世代は特にいろいろな旅行経験もあるので、祖父母となってから孫とその経験を共有したいという人も多いのです。この旅行のいいところは、メリットが祖父母だけにもたらされるものではないということです。日ごろの子育てが大変な親世代からしてみても息抜きになる一方で、自分の親に対しても親孝行ができる点にあります。また、経済的な理由から親が旅行に連れて行けない場合でも、祖父母からの贈与とまではいかないですが、旅行費用を負担することで孫に新たな体験を与えられるメリットもあります。

3世代旅行の心得とは

3世代旅行は祖父母あるいは親世代が旅行をプランニングすることがほとんどですが、勝手にプランを決めずに複数の選択肢を用意して要所で確認することが大事です。また、日中に一緒に過ごすことで夜はどっと疲れが出ることもありますし、血縁関係があるといえどもプライベートな時間も大事ですから、客室は二間あるところを選ぶか、最初から部屋は別々にしておくなどの配慮も大事になります。ただし、気を遣ったはずなのに、それがトラブルとなることもあるので、両方が常に一緒に過ごしたいといことであれば仕切りのない同じ部屋で過ごすことも検討が必要です。そして、孫が主役になりやすい三世代旅行ですが、子供の体力と祖父母の体力にはかなりの差がありますので、スケジュールは少し余裕をもたせて組んでおくことが大事です。旅行中も、一緒に行動するシーンもあれば別行動となるシーンをつくるなどバラエティに富んだものにしておきます。

旅行ガイドブック

旅行の醍醐味とは何か

旅行で四季を感じること

段々と夏の気配が近づき、暑さも増してきた今日この頃。どう過ごしているでしょうか。子どもたちは夏休みに想いを馳せながら勉学に勤しんでいるでしょうか。さて、そんな夏休みと言えばやはり旅行ですね。夏の旅行といえば海や山、川などの自然豊かなレジャースポットが定番です。暑い夏を少しでも快適に過ごすため、避暑地に足を運んだり水遊びをしたり、色々と工夫を凝らすのです。また、田舎に帰省してみんなでスイカを食べるのも良い思い出になるでしょう。夏以外にももちろん旅行を楽しむことはできます。過ごしやすい春、定番の夏、味覚の秋、温もりの冬。どの季節であってもその季節の良さがあり、楽しみ方があります。四季を感じる旅は思い出に残ること間違いなしですね。

どこへ行くかよりも誰と行くか

旅行の計画を立てるのはとても楽しい時間の一つです。どこへ行こうか、何をしようか、どんなものを食べようかなどなど考え出したらきりがありません。日本にするか海外にするか、予算はいくらかなどを一緒に行くメンバーで話し合ったり想像したりする時間はとても楽しく、旅行そのものより楽しかったりもします。そして、旅行から帰ってきて話す思い出話もまた楽しく、絆を深めてくれるでしょう。旅行の思い出がキラキラしているのは、一緒に出かけた人との思い出だからです。嫌いな人と無理して出かけても素敵な思い出にはなりません。旅行はどこに行くかではなく、誰と行くかです。ぜひ、大好きな友達や恋人、家族と楽しい時間を過ごしてくださいね。

キャンピングカー

沖縄旅行では観光バスを利用しましょう。

沖縄旅行では観光バスや観光タクシーを利用しましょう。

沖縄を旅するのであれば観光バスや観光タクシーを利用してください。このような交通手段を使うとガイドが付いているので慣れない土地でも安心して旅行を満喫することができます。また観光バスの場合は大勢で楽しく観光地を散策することができます。なので沖縄の素晴らしさを感じ取ることもできます。家族や友人だけで旅行をするのであれば観光タクシーがおすすめです。観光タクシーは自由度が高いので自分たちのペースで旅行が楽しめます。ガイドさんも丁寧に案内してくれるので色々な観光スポットに足を運ぶことができます。観光バスの場合は定番スポットに行きます。バスに乗ると施設の入場料も安くなります。したがって快適に沖縄旅行が楽しめます。

沖縄旅行はゴールデンウィークがおすすめです。

ゴールデンウィークは沖縄旅行がおすすめです。場合によっては海水浴が楽しめるかもしれません。また観光施設を巡るにはちょうどいい気候なのでテンションが上がります。またゴールデンウィーク中は県内各地で様々なイベントが行われています。観光客も気軽に参加することができるので満足度が高まります。沖縄はゴールデンウィークが終わると梅雨入りをするのでできるだけこのようなシーズンに旅行をするようにしましょう。5月の平均気温は24℃です。晴れていれば短パンでも外出ができます。なのでカジュアルな服装で沖縄旅行を満喫することができます。しかし蒸し暑いので風通しのよいゆったりとした服装で移動するようにしてください。そうすれば快適に旅行が楽しめます。

ホームエクスチェンジ

家族で旅行を楽しむ!子供連れが楽しめるスポット

日本最大の遊園地で遊ぼう!

家族旅行で場所を決めるときに悩んでしまうのが、子供が遊べる施設があるのかという部分ではないでしょうか。その問題を解決してくれる施設が三重県の桑名市にあります。それがナガシマスパーランドです。ナガシマスパーランドは国内最大の遊園地と言われており、約50種類以上のアトラクションが揃えられています。また小さなお子様が楽しめるアトラクションが28種類揃えられている、ナガシマこども遊園地キッズタウンという場所も用意されています。夏には日本最大級の75000平方メートルという大きさのジャンボ海水プールもオープンされますので、親も子供も楽しめる施設となっています。授乳室や多目的トイレも充実しているので、子供連れに嬉しい施設でしょう。

レーシングコースで子供を喜ばせよう!

車が好きな子供がいる場合には鈴鹿サーキットがオススメです。日本で行われているF1の国際レーシングコースをゴーカートで楽しむことができるというポイントが、この施設の大きな部分を占めています。子供用のバイクや車が用意されているので、子供に運転を楽しんでもらうには最適の施設です。またアトラクションのほとんどは家族で協力して楽しめる仕様になっているので、家族の絆を深めるのにも良い場所と言えるでしょう。周辺には遊園地やホテル、レストランなどが揃えられているので、旅行で訪れた方に1日中楽しんでもらえるような工夫も行われているのです。また夏にはプールが開放されるので、レースで汗をかいた後にプールで遊ぶのも良いのではないでしょうか。

旅行写真

長時間のフライトを快適に!機内に持ち込んで正解だったグッズ

夏場だからこそ必須!防寒アイテム

アメリカやヨーロッパなど、何十時間にもわたる長時間のフライトでは、防寒着は必須。特に夏場は、サンダルや薄着で旅行に出かける場合が多いです。しかし、機内は冷房が効いているため、長時間寒さを我慢すれば風邪をひいてしまうことに。旅行先で十分に楽しむためにも、体温調節のしやすい恰好がおすすめ。パーカやカーディガンなどの上着、ストールなどが1枚あれば、冷房で寒い場合羽織ることができ便利です。また、重要なのは足元!靴下を1足機内に持ち込んでおくだけで、足元の冷えから身体を守ることができます。機内でブランケットも貸し出してくれますが、ブランケットだけだと寒い場合があるので、防寒着を機内に持ち込むことがおすすめです。

乾燥する機内でも快適に!

機内は思っているより乾燥が激しいです。短時間のフライトなら特に問題ありませんが、長時間のフライトだと乾燥がつらく感じてしまうこともあります。乾燥対策グッズも機内に持ち込むことがおすすめ!長時間のフライトでは眠っている時間も多いです。就寝時の喉を守るため、マスクやのど飴があれば安心。風邪予防にもなります。喉がいがいがする不快感の解消につながります。また、乾燥するのは喉だけではありません。映画や本をみていると、いつもより目も乾燥してしまいます。目薬も忘れずに。コンタクトの方はメガネにする方が楽に過ごすことができます。ミストタイプの化粧水を持ち込んでも快適に過ごせます。機内に持ち込むときには容量が決められているので、100円ショップで売られている小さいミスト容器に入れ替えておくと安心です。

観光