楽しみ方がたくさんあるハワイ旅行

ハワイ旅行といえば大自然

海外旅行の定番旅行先として人気の高いハワイは、周りを海に囲まれた大自然と、小さな島ながらも活火山などが多いため、様々な視点から観光を楽しむことができます。オアフ島でショッピングを楽しんだり、ビーチでの海水浴やマリンスポーツを楽しむという方法もありますが、ハワイ島に行って雄大な山を眺めるのもまた格別です。島ごとに違う風景が広がっており、何度行っても飽きることが無いのがハワイの魅力ですから、海外旅行に出かけたことがない初心者の方は、まず最初にハワイを選んでみるのも良いでしょう。ハワイならば治安もかなり良好であり、初心者にもふさわしい海外旅行先です。また常夏の気候で暖かいので気候の面でも安心の地域です。

ハワイ旅行に行ったらいろいろな文化に触れ合うことができる

ハワイ旅行の醍醐味は有名な観光名所やショッピングにマリンスポーツだけではありません。異文化が交流して独特の文化を形成していったハワイでは、独特のダンスを楽しむことができたり、ポリネシアやミクロネシアの様々な文化に触れ合うことができます。エリアとしては非常に狭い地域ではありますが、数多くの世界遺産もあるので、何度行っても違う場所を訪れることで、その良さを再認識できることでしょう。事前にハワイの歴史について勉強していくことで、よりディープなスポットに行って知識を高めることも可能ですから、海外旅行に行く計画を立てている方は、安全でいろいろな旅行スタイルを楽しめるハワイに出かけてみましょう。心に残る楽しい思い出がつくれます。

旅芸人

名古屋に旅行に行ってみましょう

名古屋の魅力とはどんなものでしょう

名古屋市は愛知県の県庁所在地であり、日本の政令指定都市として大きく発達している都市です。東日本と西日本の真ん中に位置していて、日本の東と西を繋ぐ役割も果たしています。名古屋はにはたくさんの見どころがあります。金のしゃちほこで有名な名古屋城、日本一のプラネタリウムがある名古屋市科学館、古代からの歴史がある熱田神宮、名古屋港水族館、東山動植物園、名古屋市美術館など、たくさんの施設が整っています。名古屋市は道路整備がしっかりとしていて、それらの場所へ行くにも大きな幹線道路で行くことができ、初めての人でも運転しやすく、大変アクセスが便利です。また、地下鉄やバスなどの公共交通機関もしっかりしていて、それらでも迷わず楽々で行くことができるでしょう。

名古屋に行ったら是非食べましょう

旅行の醍醐味の一つには旅行先の特産や美味しいものを食べることが挙げられる、という人も多いのではないでしょうか。名古屋の食と言えば「名古屋めし」と呼ばれるものがあります。名古屋めしにはひつまぶし、味噌カツ、味噌煮込みうどん、手羽先、きしめん、あんかけスパなどがあげられます。どれもこの地方特有の赤味噌を使っていたり、少し濃い味付けになっていたりするものが多いです。また、名古屋めしには昔から知られているものだけでなく、今現在作り出してされている「新名古屋めし」と言うものもあります。毎年新しい名古屋市めしが選ばれ、今もまだ進化を続けている食文化です。さらにはこの地方特有のコーヒー一杯でゆで卵やサラダなどを始め、おにぎりや味噌汁やおかずなどのしっかりとした朝ごはんがついてくる「モーニング」文化もよく知られています。

旅行

空の旅には保安検査がつきものです

航空機に持ち込める液体は限られています

航空機内では保安上の理由から液体の持ち込みが制限されています。医師の診断書または処方箋がある場合でも、機内持ち込み可能な量は機内にて使用する分に限られます。医薬品の持ち込みに際しては、保安検査が実施されるので審査を速やかに済ませるためにも証明書類の準備は必要です。医薬品かどうかの判断が難しい液体については、事前に空港のホームページにて確認すると分かりやすいです。コンタクトレンズの保存液は、成田空港では医薬品扱いされます。しかし、海外の空港ではコンタクトレンズの普及率も日本国内とは大きく異なるために持ち込みが制限される可能性があります。トランクに入れておき、機内では眼鏡着用にするなど臨機応変な対応が無難です。

処方箋薬以外の取り扱いは液体を避けると無難です

処方箋薬意外にも市販の薬を持って行きたいという希望を持つ人がいます。漢方薬については国内の空港では液体について量の制限を受けます。100ml以下の容器に入れ、透明なジッパー付きの1リットル以下の袋に入れて保安検査員に渡すことで持ち込めます。粉末や固形の漢方薬は制限を受けません。旅行先に持ってゆきたい常備薬は、錠剤のタイプを中心に選ぶと無難です。中の説明書を一緒に持ってゆくと万が一の保安検査にも通過しやすくなります。旅行目的により様々な物を持って行きたくなりますが、燃料やボンベなど医療用目的の物以外はトランクへ入れたとしても航空機による運搬は出来ません。旅行先に持って行く荷物については、現地または経由する空港の保安基準を満たすよう事前の下調べが重要です。

タビマスターズ

これは便利!日用品の持って行き方

実は不衛生かも?そのボトル

旅行に行く際、女性の一番のお悩みはお化粧品の液体の類をどのように持って行くか、ではないでしょうか。普段使っているお化粧水や乳液の瓶をそのまま持って行くにはかさばりすぎるし、トラベルセットを買ってもいいけど、1泊2泊くらいの短い旅行だと買った後またいつ使うのか不安だし…。ドラッグストアなどに売っている小分け用の容器を使うという方も多いかもしれませんが、実はこちらはしっかり洗浄してから使わないと肌トラブルのもとになってしまうんです。しっかり熱湯消毒した後、乾燥させるという手間がかかります。また一度入れてしまったらずっと同じものを入れ続けなければなりませんし、やはり短期間で捨てることが多くなってしまいます。お肌に直接触れるものだからこそ、しっかり清潔なものを使いたいですよね。

これは便利!小分け持ち運び術

そこでご紹介したいのが、サランラップを活用する方法。まずお化粧水は使う枚数分のコットンにひたひたにして、1枚づつラップにくるみます。(朝夜の使用で2泊であれば、2枚×2泊=4枚)そしてジップ付きの袋にいれるだけ。次に乳液や美容クリームなどのもってりとした液体は、正方形にしたラップの中央に直接出します。できれば1泊分ずつの量を一枚のラップに出すとよいでしょう。そして正方形のラップの四方を寄せ集め、巾着のように先をねじり、その部分をモールやビニタイ、ゴムで留めれば完成です。使うときにはほどいて使う量だけ手に取ればOK。使用後はごみを捨ててくるだけで、荷物も軽減になります。清潔に持ち運べて便利でしょ?ぜひ試してみてください。

タビマスターズ

世界遺産姫路城観光めぐりのポイント

別名白鷺城!白い漆喰が美しい姫路城

姫路城は日本を代表するお城の一つです。もともと国宝に指定されていましたが、近年世界遺産にも指定されたことから、観光地としての人気もさらに高まりました。その特徴は別名「白鷺城」という名称からもわかるように鮮やかな白で塗られた漆喰の外壁です。定期的な改修工事によって建造当時の美しさを保った姫路城は遠めに見ても大変美しいと評判です。17世紀の建造当事の状態が保存された内部も見所が満載ですが、少し離れた場所から天守閣を眺めることにより日本の城郭建築の美しさを楽しむことができます。電車で行く場合、姫路城へは山陽新幹線・JR山陽本線が停車するJR姫路駅か、山陽電鉄線の山陽姫路駅を利用します。JR姫路駅前には、専用のテラスが設置されていて、大通りを通して天守閣を一望することもできます。

天守閣以外の姫路城の見所

姫路城では大天守のほかにも様々な見所があります。まず、お城ですので、戦いになったときに敵に容易に侵略されないような様々な工夫が施されています。城を取り囲む石垣は扇状になった勾配が付けられています。また、入り組んだ道には、菱の門、いの門、るの門などの侵入防止のための多くの門が設置されています。さらに、西の丸には、姫路城ゆかりの人物として有名な千姫の居住スペースが残されています。長局という名の長い建物のなかには、廊下に沿って櫓が並んでいます。そこでは侍女が暮らしたということで、その暮らしぶりなどが紹介されています。終点の化粧櫓には当事の千姫の衣装などを再現した部屋が準備されていて、そこも姫路城の見所のひとつとなっています。

タビマスターズ